首相、日韓関係の改善「国と国の約束を順守することを求める」

2019/10/8 11:56
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は8日午前の参院本会議で、日韓関係について「韓国は重要な隣国だ」とし、米国も含めた3カ国での連携が重要だと指摘した。そのうえで現在の韓国を巡っては「日韓請求権協定の違反状態を放置するなど、信頼関係を損なう行為を続けてきた」として「国際法に基づき、国と国との約束を順守することにより、日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作ることを求める」と話した。

自民党の世耕弘成参院幹事長の質問に対する答弁。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]