/

この記事は会員限定です

ビットコイン取引、2年ぶり低水準 コインチェック余波

[有料会員限定]

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引量が急減している。年明け以降はほぼ右肩下がりで、3月に入ってからの1日あたりの取引承認数は約2年ぶりの低水準に落ち込んだ。国内の仮想通貨交換業者コインチェック(東京・渋谷)におけるネムの不正流出事件の波紋は大きく、リスクをとることに慎重になった日本の個人投資家を中心に仮想通貨離れが進んだ。

情報サイトのブロックチェーンインフォによると、1日あたりのビット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン