2/20 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  3. 3位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  4. 4位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
  5. 5位: NYダウ反発、115ドル高 中国の景気支援策に期待
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,746.63 +345.93
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,700 +330

[PR]

注目株概況

<東証>アドテストが12年ぶり時価総額1兆円台 サムスン決算を好材料視

2019/10/8 11:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

(11時5分、コード6857)アドテストが高い。一時前日比205円(4.2%)高の5050円まで上昇した。時価総額を1兆円台に乗せ、このまま終われば2007年7月以来およそ12年ぶりの1兆円回復となる。韓国サムスン電子が8日発表した2019年7~9月期連結決算の速報値は営業利益が大幅減益だった。だが半導体市況の下げ止まりの兆しから業績に底入れ感が出ており、恩恵を期待した買いが半導体関連株に入った。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム