12月の街角景気、現状判断指数は5カ月ぶり改善

2015/1/13付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が13日発表した2014年12月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、街角の景気実感を示す現状判断指数は45.2で、前月比3.7ポイント上昇(改善)した。改善は5カ月ぶり。小売関連などの上昇や求人の増加がみられたことなどが影響した。

2~3カ月後を占う先行き判断指数は46.7で、2.7ポイント上昇した。改善は7カ月ぶり。経済対策や燃料価格低下への期待が反映した。

内閣府は基調判断を「このところ回復に弱さがみられる」に据え置いた。先行きについては「物価上昇への懸念などが引き続きみられるが、経済対策や燃料価格低下への期待などがみられる」との認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]