/

武田、シャイアーを6.8兆円で買収 両社が合意

武田薬品工業は8日、アイルランド製薬大手のシャイアーへの友好的な買収手続きを開始することで両社が合意したと発表した。武田は現金と新株を組み合わせてシャイアー株の全株を取得し、完全子会社化を目指す。

買収総額は460億ポンド(約6兆8000億円)、日本企業のM&A(合併・買収)としては過去最大となる。8日終値をもとにした武田の時価総額は3兆6857億円で、これを上回る規模となる。

シャイアーは利益率の高い希少疾患領域の医薬品に強みを持つ。主力薬の特許切れで稼ぐ力が衰えている武田は、シャイアーの完全子会社化で研究開発力の強化や収益力の改善、米国市場での販路拡大につなげる考えだ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン