11月の企業倒産、前年比3.3%減の711件 25年ぶり低水準

2015/12/8 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民間調査会社の東京商工リサーチが8日発表した11月の企業倒産件数(負債総額1000万円以上、銀行取引停止処分など含む)は前年同月に比べ3.3%減の711件だった。11月としては1990年(633件)以来25年ぶりの低水準だった。金融機関が中小企業の返済猶予の延長に応じるなど支援策を講じたほか、大手輸出企業を中心とした業績拡大で景気が底上げされていることが影響した。

産業別に見ると全10業種のうち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]