クラウドサービスと連携できるタイムレコーダー アマノ

2017/6/12 12:01
保存
共有
印刷
その他

アマノ(6436)は、タイムレコーダー「TimeP@CK-iC 4 CL」を発売した。勤怠管理クラウドサービスと連携する機能を新たに搭載。分散する事務所をネットワークでつないで集中管理することで社員の労働時間を適正に管理できる。

クラウドサービスでは本体だけでなくスマートフォンやタブレット端末からの入力にも対応した。壁掛け、台置きのいずれも可能だ。

通信は有線・無線LANで行う。本体の重量は約300グラム。パッケージで販売し、価格は税別12万円。年間2000台を目標に企業へ売り込む。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]