/

この記事は会員限定です

8月の相場急変 アルゴ取引に潜む火種

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

コンピューターによるプログラム売買、いわゆるアルゴリズム取引を筆頭に金融の世界で人工知能(AI)の活用が急速に進んでいる。市場の流動性や効率性の向上をもたらす技術革新は大いに歓迎すべきだ。その一方で、市場の構造変化が引き起こす相場急変には注意する必要がある。

8月は市場関係者にとって印象が良くない。2015年の中国通貨、人民元の切り下げショックや11年の米国債格下げをきっかけとした市場の混乱が頭に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン