8月の海外投資家の日本株投資、4カ月連続で売り越し 5285億円

2016/9/8 9:56
保存
共有
印刷
その他

財務省が8日発表した8月の対外及び対内証券売買契約などの状況(指定報告機関ベース)によると、海外投資家による日本株の投資は4カ月連続で売り越し、売越額は5285億円だった。外国為替市場で進んだ円高・ドル安による業績悪化懸念から日本株への投資を手控える動きが目立った。

一方、中長期債は2カ月連続で買い越した。

国内投資家の海外の中長期債への投資は14カ月連続で買い越しだった。買越額は2兆2863億円と前月からは半減したものの、低金利の中で相対的な利回りの高さから外債に資金を振り向ける動きが続いている。海外株式は4カ月連続で買い越しだった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]