/

楽天の1~9月期、純利益49%増 フィンテック事業好調

楽天が8日に発表した2018年1~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比49%増の1079億円だった。楽天銀行や楽天証券などフィンテック事業が好調だった。投資事業で株式評価益が膨らんだことも寄与した。

売上高にあたる売上収益は17%増の7903億円、営業利益は11%増の1335億円だった。国内の電子商取引(EC)事業は、売上収益が順調に伸びたが、配送費用などが重荷となり利益はやや伸び悩んだ。フィンテック事業は、クレジットカード「楽天カード」の手数料収入が伸びたが、西日本豪雨や台風など自然災害に対する保険金支払いが発生し、保険サービスでは営業損失を計上した。

2018年12月期通期の業績予想は開示していないが、市況の影響を受ける証券サービス以外の連結売上収益について、前期比2ケタ成長を目指すとしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン