/

セブン&アイ社長、ヨーカ堂40店閉鎖「地方に集中」

セブン&アイ・ホールディングスは8日、傘下のそごう・西武とイトーヨーカ堂について下半期以降に実施する事業構造改革を発表した。そごう・西武では、赤字基調が続く西武春日部店(埼玉県春日部市)を2016年2月29日付で閉店すると正式に発表した。好調な旗艦店などに経営資源を集中させて収益の改善を図る。

イトーヨーカ堂でも収益改善の見込めない店舗を今後5年間で40店舗閉鎖する。閉鎖を検討する店舗名は明らかにしていないが、同日の決算会見で村田紀敏社長は「首都圏は立地のいい店舗が多く、閉店はあるとすれば地方に集中する」と話した。また、本部の人員を3割削減して本部機能の一部を店舗に委譲、店舗主体の営業体制に移行する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン