/

この記事は会員限定です

株、相場連動銘柄に買い疲れ?

迫る安全運転モード

[有料会員限定]

8日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落した。新型コロナウイルスの感染再拡大の警戒で前日の米株式相場が下落したことが重荷となった。足元では株価指数との連動性の高い「高ベータ銘柄」が力強い動きをみせていたが、徐々に買い疲れ感も意識されている。高値警戒がくすぶる株式市場の巻き戻しに備えようと、投資家の安全志向が強まるタイミングは近いかもしれない。

前引けは前日比43円14銭安の2万2571円55銭。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン