9月街角景気、先行き判断は4カ月連続悪化 円安を懸念

2014/10/8付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が8日発表した9月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、足元の景気実感を示す現状判断指数は前月から横ばいの47.4だった。消費税率引き上げ後の駆け込み需要の反動減は引き続き和らぎつつあるものの、円安進行による原材料高や燃料高への懸念から製造業で弱含んだ。一方、2~3カ月後の景気を占う先行き判断指数は前月比1.7ポイント低下の48.7と、4カ月連続で悪化した。

景気の現状判断は「消費税…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]