/

この記事は会員限定です

中国株、日本と似通うバブル崩壊 東京は過剰反応か

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

急落が続く中国株式相場。不安心理は8日の東京株式市場にも波及し、日経平均株価は一時、心理的な節目の2万円を割り込んだ。四半世紀前にバブル崩壊を経験した日本。最近の中国株の崩壊も当時の日本と似通う点がある。一方で、日本株の連れ安は「過剰反応」との見方もある。

世界銀行によれば、2014年時点で世界全体の国内総生産(GDP)に占める中国の割合は14%。米国に次ぐ世界2位の経済大国に成長したが、その割合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン