2019年8月26日(月)

3月の実質消費支出0.7%減 17年度は4年ぶり増加

2018/5/8 9:55
保存
共有
印刷
その他

総務省が8日発表した3月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は1世帯あたり30万1230円と、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比0.7%減少した(変動調整値)。減少は2カ月連続。住居や教養娯楽への支出の低迷が目立った。季節調整して前月と比べると0.1%減少した。

消費支出の内訳をみると、設備修繕・維持を含む「住居」が実質で18.1%減となった。「教養娯楽」は3.2%減少。春分の日の休日が「飛び石」になったため、外国パック旅行費が減少した。一部魚介類の高騰が続き「食料」も減った。

消費支出を名目ベースでみると前年同月比0.6%増だった。勤労者(サラリーマン)世帯の1世帯あたりの消費支出は33万4998円と、実質で前年同月比1.9%減少した。減少は2カ月連続。

総務省は消費支出について「持ち直しの動きに足踏みがみられる」との基調判断を据え置いた。

2017年度の2人以上世帯の消費支出(変動調整前)は1世帯あたり28万4587円で、実質で前年比0.4%増となり、4年ぶりに前年実績を上回った。

総務省が併せて発表した3月の消費動向指数(CTI、2015年=100)では、世帯消費の平均額の推移を示す世帯消費動向指数(総世帯)が103.1と、実質で前年同月比1.6%減少した。世帯全体の消費支出総額を推計する総消費動向指数は前月比0.1%増の101.1で、前年同月比では0.5%増となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。