2019年1月20日(日)

11月の銀行貸出残高、2.8%増 5年半ぶりの高水準

2014/12/8付
保存
共有
印刷
その他

日銀が8日発表した11月の貸出・預金動向(速報)によると、全国の銀行(都市銀行、地方銀行、第二地銀)の貸出平均残高は前年同月比2.8%増の418兆6502億円だった。伸び率は前月(2.4%)から拡大し、2009年5月(3.3%)以来5年半ぶりの高水準だった。円安の進行により外貨建て貸し出しの円換算額が上振れしたほか、M&A(合併・買収)関連の大口案件が複数あった。好調な不動産向け融資も引き続き残高を押し上げた。

業態別に見ると都銀は2.0%増と、伸び率が前月(1.3%)から拡大し、13年12月以来の水準に並んだ。決算に伴う配当金支払いや従業員への賞与向け資金などの貸し出しが増えた。地方銀行と第二地銀を合わせた貸出残高は3.7%増と、09年5月以来の高い伸び率だった。

手形と小切手を除き、譲渡性預金を含んだ預金残高は、都銀、地銀、第二地銀の合計で4.0%増の615兆5296億円。法人預金のプラス幅が拡大した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報