/

この記事は会員限定です

NY金融・外為ハイライト 選挙後に身構える市場「ブレグジット以上の混乱も」

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=森田理恵】7日のニューヨーク外国為替市場でドルが対主要通貨で上昇した。8日の米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が私用メール問題での訴追を免れ、大統領選を巡る不透明感が和らいだためだ。多くの投資家が望むクリントン氏の勝利のシナリオに一歩近づいた形だが、安心しきっているわけではないようだ。市場では選挙後の混乱は「英国のEU離脱決定(ブレグジット)後以上に長引く」との懸念が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン