/

この記事は会員限定です

<東証>ソフトバンクGが2カ月ぶり6000円割れ オプション取引で「個人に警戒感」

[有料会員限定]

(10時25分、コード)ソフトバンクグループ(SBG)の下落幅が拡大している。一時、前週末比343円(5.4%)安の5991円をつけた。株価が6000円を下回るのは7月8日以来、約2カ月ぶり。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)などが「米ハイテク株のコール(買う権利)オプションを約40億ドル(約4200億円)分購入している」と報じたことで、下落時の損失を警戒し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン