/

DeNA社長「多大な迷惑かけた」 サイト問題陳謝

利用者の相談専用窓口を設置

ディー・エヌ・エーは7日午後、都内で記者会見を開き、不適切な編集方針が問題視されたキュレーション事業について「多大なご迷惑とご心配をおかけし申し訳ない」と守安功社長兼最高経営責任者(CEO)が陳謝した。すでに医療情報サイトの「WELQ(ウェルク)」など、同社が運営するキュレーションサイト10媒体は公開を中止している。今後は第三者委員会による調査により「原因を洗い出し、問題解決に努めていく」(守安社長)とした。

また、同社の情報により健康被害を受けたり、懸念を感じたりしている利用者からの相談を受け付ける専用窓口を設置した。

会見に同席した創業者の南場智子会長は今回の問題を巡り「企業風土や組織のあり方にまで批判が及ぶ事態となり、会長として創業者として責任を感じている」と頭を下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン