/

パイオニア社長、香港ファンド支援「会社再生のため最善の選択」

パイオニア(6773)の森谷浩一社長は7日、香港拠点の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアから総額1020億円の支援を受けるスポンサー契約に合意し、都内で記者会見した。ベアリングの完全子会社になり上場廃止となることについて、森谷社長は「会社再生と企業継続のためにはこの選択が最善だった」と述べた。

ベアリングのジォーン・エリック・サラタ最高経営責任者(CEO)は再上場を含むエグジット(投資回収)について、「エグジットは何年も先の話で現時点では検討していない。現在は財務の健全化と会社の再生に100%集中する」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン