楽天会長、カード会員「2000万人目前に」 キャッシュレス追い風

2019/11/7 17:43
保存
共有
印刷
その他

楽天(4755)の三木谷浩史会長兼社長は7日、都内で開いた2019年1~9月期の決算説明会で、クレジットカード「楽天カード」の有効会員数が1800万人を突破したことについて「100万人増えるのに昔は9~10カ月かかっていたが、今回は6カ月で100万人増えた」と説明した。そのうえで「2000万人が目前に迫っている」と語った。

同席した穂坂雅之副会長は、10月の消費増税を控えて「9月にカード決済額が跳ね上がった」と述べた。増税後についても「(取扱高は)引き続き二十数%と、(勢いが)落ちないで成長している」として、政府の進めるキャッシュレス化の推進が楽天カードの追い風になっているとの認識を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]