/

楽天会長、カード会員「2000万人目前に」 キャッシュレス追い風

楽天(4755)の三木谷浩史会長兼社長は7日、都内で開いた2019年1~9月期の決算説明会で、クレジットカード「楽天カード」の有効会員数が1800万人を突破したことについて「100万人増えるのに昔は9~10カ月かかっていたが、今回は6カ月で100万人増えた」と説明した。そのうえで「2000万人が目前に迫っている」と語った。

同席した穂坂雅之副会長は、10月の消費増税を控えて「9月にカード決済額が跳ね上がった」と述べた。増税後についても「(取扱高は)引き続き二十数%と、(勢いが)落ちないで成長している」として、政府の進めるキャッシュレス化の推進が楽天カードの追い風になっているとの認識を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン