楽天三木谷会長、米リフト株「きわめて良い投資だった」

2019/11/7 16:58
保存
共有
印刷
その他

楽天(4755)の三木谷浩史会長兼社長は7日、都内で開いた2019年1~9月期の決算説明会で、米ライドシェア大手リフト株への投資について「きわめて良い投資だった」と述べた。投資としては「55%以上の投下資本利益率(ROI)が出ていて、内部収益率(IRR)も14%(出ている)」と成果を強調した。

楽天は保有するリフト株の下落で19年7~9月期に約1030億円の減損損失を計上した。株価は下がってしまったが「足元の事業には信頼を置いている」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]