/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG「4200億円の賭け」の深層

日経QUICKニュース 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

金融派生商品(デリバティブ)の一種で、あらかじめ決められた価格で契約が実行できる権利(オプション)を利用したソフトバンクグループ(SBG)の巨額取引が、米ナスダック市場を中心とする世界のハイテク株相場のかく乱要因になっている。SBGの運用手法が外部にみえにくく、疑心暗鬼を生みやすい。ナスダック総合株価指数は歴史的な過熱状態にあり、今後の相場の乱高下を警戒する市場関係者が増えている。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン