/

リコーの4~12月期、純利益18%減 円高響く

リコーが7日発表した2019年4~12月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が18%減の414億円だった。為替の円高による影響が大きかったほか、前期に計上した子会社の売却益がなくなったことも響いた。

売上高は微増の1兆4938億円、営業利益は12%減の694億円だった。期中の平均為替レートは対米ドルが前年同期に比べ2.46円、対ユーロが8.43円の円高となり収益が目減りした。IT機器の導入や保守を支援するオフィスサービス事業や産業印刷事業が好調だったものの、事務機の製造販売を手がける主力のオフィスプリンティング事業は採算性を重視した商談に注力し販売台数が減少した。

20年3月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は微減の2兆100億円、純利益は25%増の620億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン