/

スズキの4~12月期、純利益36%減 インド販売低調、円高も重荷

スズキが7日発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比36%減の1165億円だった。インドやパキスタンなどアジアでの販売が低調だったうえ、円高で海外収益が目減りしたのも響いた。

売上高は7%減の2兆6260億円だった。四輪車の世界販売台数は13%減の216万台だった。インドが18%減り、パキスタンでも25%減った。日本は減産や台風など自然災害、消費増税の影響で6%減少した。

二輪車の世界販売台数は3%増の134万4000台だった。インドやフィリピンを中心としたアジアで伸びた。

営業利益は34%減の1704億円だった。対ユーロや対インドルピーなどで円高が進んだことが営業利益を242億円押し下げた。

20年3月期通期の連結業績については従来予想を据え置いた。売上高は前期比10%減の3兆5000億円、純利益は22%減の1400億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン