/

この記事は会員限定です

マリオ、ポケモン、カービィ…任天堂キャラ 快進撃

知的財産ビジネス加速、岩田前社長の思い花開く

[有料会員限定]

任天堂が家庭用ゲーム機で育ててきたキャラクターが、ゲーム機を飛び出し活躍の場を広げている。テーマパークでカーレースに参戦したり、コンサートを開いたり……。故岩田聡前社長の思いが花開き、家庭用ゲームの販売にとどまらず、IP(知的財産)ビジネスの展開が加速中だ。

「これまで本業のゲームに影響しない範囲でサブとして進めてきたIP戦略をビジネスの軸に据える」。6月8日、テーマパーク「ユニバーサル・スタジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン