/

この記事は会員限定です

上海株前引け 横ばい、米中対立への警戒続く アジア300も小動き

[有料会員限定]

【NQN香港=柘植康文】7日午前の中国・上海株式相場は前日からほぼ横ばいだった。上海総合指数の午前の終値は前日比0.1911ポイント安の2777.3648だった。朝方は中国人民銀行(中央銀行)が急速な人民元安を抑制する姿勢を示したことが安心感につながり買いが先行したが、米中対立の激化への警戒は根強く、買い一巡後は方向感に乏しい展開となった。時価総額の大きい金融株が下落して指数を下押しした。

中信証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン