/

ファストリ会長「より買いやすい価格にしたい」 値下げを示唆

ファーストリテイリング(9983)の柳井正会長兼社長は7日開いた決算発表の記者会見で、「単純なプライスに戻したい。より買いやすい値段にしたい」と述べ、カジュアル衣料品店「ユニクロ」での値下げを示唆した。16年8月期通期の利益予想の下方修正については「今期の業績は不合格。(満足度は)30点」と、巻き返しに意欲を示した。

2014年以降続けてきた値上げが業績低迷の一因となったと分析。経費削減の徹底や販売戦略を見直しに取り組み、「ファッションリーダーシップ、プライスリーダーシップを取り戻したい」という。同席した岡崎健・最高財務責任者は、3~8月期の為替水準について「1ドル=113円を想定している」と語った。

ネット通販事業などで提携しているセブン&アイ・ホールディングス(3382)の鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)が退任することについては、「非常に残念。びっくりしている」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン