/

世界のスパイス使用した辛口レトルトカレー 江崎グリコ

江崎グリコ(2206)は7日、辛口レトルトカレー「LEE(リー)」から「ビーフカレーLEE スパイスオブザワールド 辛さ×15倍」を夏季限定で発売した。世界の香辛料から、メキシコ産の薫製唐辛子「チポトレ」など3種類を厳選して使用。バランスよく配合し、辛さとうまみを引き出したという。

高温で焙煎(ばいせん)しコクを出したインド産の黒コショウや、和歌山県産のぶどうサンショも使っている。辛みは同ブランドの定番商品「×10倍」と「×20倍」の中間程度で、内容量は180グラム。

価格は税別250円。全国のスーパーなどで販売中。

また、グリコは「LEE」の発売30周年を記念して7月12日に「スパイスオブザワールド 辛さ×30倍」も発売する。同社製品を販売する「ぐりこ・や」と通販サイト「ロハコ」で4000食限定で取り扱う。税別815円。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン