2018年9月26日(水)

9/26 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: フジクラ、品質不正発覚でも残る成長期待[有料会員限定]
  3. 3位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
  4. 4位: セクハラ疑惑判事公聴会、27年前の教訓[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、ダウ続落で69ドル安 FOMC結果控え利益確定、貿易摩擦も重荷

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,953.98 +13.72
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,950 +210

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

リーマン10年「欧州に不信の連鎖」オクセンフォード氏

2018/9/8 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マシュー・オクセンフォード氏(英王立国際問題研究所研究員)

■緊縮と量的緩和がもたらした「金持ち優遇」の不満

 ――ギリシャ金融支援が8月に終了し、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和策も年内で打ち切りになります。危機は過去のものですか。

 「マクロ経済的にいえば、世界はある程度の経済成長率を取り戻し、金融の安定性も増した。だが南欧は、金融機関が危機で生じた不良債権を今も抱え、失業率は危機前に比べはるかに高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム