青山商の3月既存店売上高、41%減 入学式や入社式などの中止で

2020/4/7 10:52
保存
共有
印刷
その他

青山商事(8219)が7日発表した3月の既存店売上高は、前年同月比41.2%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて全国的に卒業式や入学式、入社式などの中止が相次ぎ、「洋服の青山」などの業態でスーツなどの販売が急減した。3月は前年より土曜日が1日少なかったこともマイナス要因だった。

既存店の客数は33.2%減、客単価は12.0%減だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]