2019年6月21日(金)

小林同友会代表、ギリシャ「EU残留がベスト」

2015/7/7付
保存
共有
印刷
その他

経済同友会の小林喜光代表幹事は7日午後の記者会見で、ギリシャ債務を巡る問題に関して「(ギリシャ経済は)世界の国内総生産(GDP)の1%、欧州の2%程度」と経済規模を理由に挙げ、「日本経済への影響は当面は大きくない」との見方を示した。

ただ、緊縮財政策に取り組んだスペインやポルトガルなどを挙げ「国民がつましく生きていく、年金まで減らしていくことへの抵抗感が喚起され反EUになる動きにつながらないことを祈る」と述べ他の欧州連合(EU)加盟国に影響が広がることへの懸念を示した。ギリシャについては「EUにとどまってもらうのがベスト」とも語った。

また同日、九州電力が川内原子力発電所1号機(鹿児島県)の原子炉に核燃料の搬入が始まり8月中にも再稼働する見通しとなったことについて「日本経済の最大の課題は電力コスト」と指摘。「極めて精緻に解析された結果として(再稼働について)OKが出た。万が一の訓練をやりつつスタートすることは正当だ。ポジティブにとらえていい」と評価した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報