/

DeNA純利益50%減 4~9月、ヒット作なく苦戦

ディー・エヌ・エーが7日発表した2014年4~9月期の連結決算国際会計基準)は、純利益が前年同期比50%減の92億円だった。スマートフォン(スマホ)向けゲームで目立ったヒット作がなく、収益の柱となる課金収入が減った。

売上高にあたる売上収益は28%減の718億円、営業利益は53%減の149億円だった。同社の主力であるインターネット閲覧ソフトを使ったゲームは、スマホにダウンロードして遊ぶゲームアプリに人気が集まる流れが続き、利用者離れに歯止めがかからなかった。販促費や広告費を低減したが、補えなかった。

併せて14年4~12月期の業績見通しを公表した。純利益は54%減の120億円、営業利益は53%減の206億円、売上収益は25%減の1066億円となる見通し。ネット閲覧ソフトをつかったゲームの利用減に対し、アプリ向けの新規タイトルの投入を進めるが、減収減益は免れない見込みという。15年3月期通期の連結業績予想は引き続き非公表とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン