/

この記事は会員限定です

<米国・時間外>製薬のメルク下落 がん治療の試験結果に失望

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】(コード@MRK/U)6日夕の米株式市場の時間外取引で製薬大手メルクが下げている。通常取引を前週末比0.4%高の91.64ドルで終えた後、90ドル台後半に下げる場面があった。主力のがん免疫治療薬「キートルーダ」と化学療法を併用する肺がん治療の第3相臨床試験で、主要評価項目である全生存期間を統計的に有意に延長できなかったと発表。主力薬の新療法による収益期待が剥落した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン