/

丸紅、中国EVメーカーと資本業務提携を発表

丸紅(8002)は6日、中国、米国、ドイツを拠点にEV(電気自動車)を開発・製造するバイトン社(中国・南京市)と2月にも資本業務提携することで合意したと発表した。バイトン社の事業成長を支援するとともに、モビリティ事業やEVバッテリーマネジメント事業、海外事業などで協業する。

バイトン社は2016年にドイツの自動車業界やIT(情報技術)業界出身者によって設立された。ネットでつながる技術や大型ディスプレーを用いた車内空間のデジタル化に注力したEVの開発・製造を手掛けている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン