/

この記事は会員限定です

株、イベント駆動の買いで急伸 「黒い白鳥」は緊急事態を警戒か

[有料会員限定]

6日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、午前終値は前週末比429円(2.4%)高の1万8249円だった。欧米で新型コロナウイルスの感染者数の増加がやや鈍化したのを手掛かりに、短期筋による買いが優勢になった。とはいえ安倍晋三首相が近く緊急事態宣言を出す意向を固め、一段の経済活動の停滞は避けられず、買いに慎重な空気も濃い。

日経平均は一時600円近く上昇し、9時41分に1万8419円を付けた。米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン