/

SGホールディングス、資金吸収額は今年のIPOで最大級

東京証券取引所は6日、宅配大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(SGHD、9143*J)の上場を承認した。12月13日に東証1部または2部に上場する。SGHDが近畿財務局に提出した有価証券届出書によると、想定売り出し価格は1580円。オーバーアロットメントによる追加売り出しも合わせると、想定価格に基づく市場からの資金吸収額は約1244億円に達し、2017年の新規株式公開(IPO)としては最大規模となる。

17年の大型IPO案件としてはマクロミル(1部、3978)の資金吸収額が約523億円、スシローGH(同、3563)の約760億円が大きい。SGHDはこれらを上回る公算が大きい。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン