/

この記事は会員限定です

中国からの生産移管先、ベトナムが一人勝ち

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=村田菜々子】米中貿易摩擦の過熱から、中国に生産拠点を置いていた企業が他国に移す動きが続いている。野村インターナショナルがまとめたリポートでは、米中摩擦を理由にした移管計画82件のうち、ベトナムへの移転が全体の3割を占め、対象国のなかではトップとなった。東南アジア各国は生産移管先の有力候補として米中対立の「漁夫の利」を得ると期待されてきたが、目立った恩恵のある国は一部にとどまって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン