/

ソフトバンク、リチウム鉱山業者に83億円出資 バッテリー需要に対応

ソフトバンクグループ(9984)は6日、カナダのリチウム採掘・精錬を行うネマスカ社(カナダ・ケベック州)に出資する契約を締結したと発表した。ネマスカ社の発行済み株式数の最大9.9%を約83億円で取得する。スマートフォン(スマホ)や電気自動車(EV)用バッテリー向けにリチウムの需要が継続的に拡大すると判断した。

ソフトバンクはネマスカ社の年間生産量のうち最大20%を購入する権利を得る。ソフトバンクからは取締役1人を派遣する。今回の出資はソフトバンクからの直接投資。運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」からの投資ではないという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン