/

キリンHD、ファンケルと資本業務提携 30%株式取得

キリンホールディングス(2503)は6日、ファンケル(4921)と資本業務提携したと発表した。生活習慣対策やアンチエイジングなどの分野で、素材・商品・ブランド開発や共同研究・事業開発を共同で進める。

キリンHDはファンケルの創業者の池森賢二氏らから発行済み株式総数の30.3%に相当する3954万400株を取得する。取得総額は1293億円で、株式取得日は9月6日を予定する。

提携がキリンとファンケルの連結業績に与える影響は「当面は軽微である見通し」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン