11月の日銀当座預金、13兆4900億円の不足 不足幅は縮小

2017/11/6 10:26
保存
共有
印刷
その他

日銀が6日発表した日銀当座預金増減要因によると、11月は13兆4900億円の資金不足(当座預金残高は減少)となる見込みだ。前年同月の実績(14兆9834億円の資金不足)と比較すると、不足幅は縮小する。主な要因は国庫短期証券(TB)の発行超幅の縮小となる。

▽日銀当座預金増減要因の内訳

          <見込み> <前年実績> <前年比>

◎銀行券要因      ▲5200   ▲4479   …

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]