ソフトバンクG孫会長「SVFの全体への影響小さい」

2019/11/6 16:36
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(SBG、9984)の孫正義会長兼社長は6日、2019年4~9月期の決算記者会見で、9月末の保有株式の価値が27.9兆円あると明らかにした。前年同期の25.8兆円と比べ、約2兆円増えており「中国アリババ集団分が約2兆円増えた」と述べた。

米ウィーカンパニーなどに投資しているソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)について「ソフトバンクGの持ち分3.5兆円が3.2兆円になり、SVFの影響は全体価値のなかの1%ちょっとにすぎない」と述べた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]