/

SUMCOの1~9月期、純利益34%減、メモリー向け振るわず

SUMCOが6日発表した2019年1~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比34%減の281億円だった。アジア向けなど顧客の在庫調整が続き、半導体メモリー向けの基板素材となるシリコンウエハーの販売が振るわなかった。

売上高は6%減の2285億円、営業利益は34%減の424億円だった。同時に12月末の期末配当を前年同期に比べ22円減の10円にすると発表した。年間配当は前期比27円減の35円となる。

同時に19年12月期の連結業績予想を示した。売上高は前期比8%減の2975億円、営業利益は42%減の494億円、純利益は45%減の321億円を見込む。

SUMCOの橋本真幸会長は決算記者会見で「第4四半期もメモリー向けは顧客の在庫調整が継続するとみている」と述べた。米中貿易摩擦の影響により「汎用用途の小口の需要鈍化が続く」とも語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン