トヨタ、純利益25%減に下方修正 今期1兆8700億円に

2019/2/6 13:45
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車(7203)は6日、2019年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比25%減の1兆8700億円になりそうだと発表した。2兆3000億円としていた従来予想から引き下げた。株式相場が下落していることから保有している株式の評価損益が悪化した。

売上高は微増の29兆5000億円、営業利益は横ばいの2兆4000億円と従来予想を据え置いた。想定為替レートはユーロを1ユーロ=128円と従来予想に比べ、2円円高方向に見直した。グループの世界販売台数は1055万台と、従来予想から5万台増やす。

同時に発表した18年4~12月期の連結決算は売上高が前年同期比3%増の22兆4755億円、純利益が29%減の1兆4233億円だった。グループの世界販売台数は2%増の800万台だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]