日経平均、急落で始まる 一時600円安

2019/8/6 9:10
保存
共有
印刷
その他

一時600円超下げ、2万100円台で推移する日経平均株価(6日午前、東京都中央区)

一時600円超下げ、2万100円台で推移する日経平均株価(6日午前、東京都中央区)

6日の東京株式市場で日経平均株価は急落して始まった。始値は前日比394円77銭安の2万0325円52銭。その後、下げ幅は600円を超えた。米財務省が5日夕、中国を為替操作国に指定した。米中の対立が激しさを増すとの懸念が強まっている。円高・ドル安の進行も重荷となり、株価指数先物に海外ヘッジファンドなどが売りを膨らませている。業種別では海運や鉄鋼などに売りが先行している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]