/

この記事は会員限定です

株、「肺炎治療薬」効き目は短期か 483円高も弱気勢が買い戻しの域

[有料会員限定]

6日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日比483円高の2万3803円で終えた。新型肺炎の治療薬開発が報道され、感染拡大による景気減速への懸念がやや後退したことが大幅高の一因とされる。ただ、市場では弱気なポジション(持ち高)を組んだ短期筋がひとまず買い戻しただけとの見方が目立つ。午後のトヨタ自動車(7203)など企業決算や肺炎の動向を見極めたいとの声も多く、短期で上下する相場が続く可能性がある。

新型肺炎懸念の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン