/

この記事は会員限定です

日銀短観の見直し 研究開発を調査、GDPと足並み

[有料会員限定]

日銀は6日、全国企業短期経済観測調査(短観)の見直しについて最終案を公表した。2017年から新たに研究開発の投資額を調査項目に加え、20年ごろには企業の想定為替レートについて円の対ユーロ相場も聞く。研究開発費を巡っては内閣府が国内総生産(GDP)の計算で、7~9月期改定値から新たに「投資」と位置づける。日銀短観での追加はGDPと足並みをそろえた面がありそうだ。

最終案は6月に公表した見直し方針を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン