2018年9月19日(水)

9/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  3. 3位: 東証14時 引き続き高い、週後半の重要イベント前に買い控えも
  4. 4位: 米中貿易戦争でも株高のなぜ[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,721,921億円
  • 東証2部 98,448億円
  • ジャスダック 102,045億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.91倍15.17倍
株式益回り6.70%6.58%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

国内株概況

日経平均、下げ幅400円超 ファンドの売り、SQ前の持ち高調整も

2017/12/6 13:45
保存
共有
印刷
その他

 6日午後の東京株式市場で日経平均株価の下げ幅が一時400円を超えた。一時、前日比468円安い2万2154円を付けた。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として認定する方針を6日に表明すると伝わり、中東情勢が混乱するとの懸念が引き続き材料視されている。株式市場では「ヘッジファンドなど海外の短期筋による売りに、8日の株価指数先物・オプション12月物の特別清算指数(SQ)算出を控えた持ち高整理に伴う売りが重なった」(三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)との声があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム