/

三井不取締役「決算修正、見通し立たず」 マンション傾斜問題

三井不動産の佐藤雅敏取締役は6日に開いた決算発表記者会見で、傘下の三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市のマンションが傾いている問題について「現在の決算にその点は織り込まれていない」と話した。原因究明や対応策が定まっておらず、予想される費用などが固まらないため。2016年3月期の業績予想についても「修正の見通しも立っていない」として従来予想を据え置いた。足元で業績への大きな影響を示すデータはないとするものの、今後については「影響が生じる可能性はあると思っている」と話した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン