JVCケンウ、自動運転ZMPの全株売却 「方向性異なる」

2019/9/6 15:51
保存
共有
印刷
その他

JVCケンウッド(6632)は6日、同社が保有する自動運転ベンチャーのZMP(東京・文京)の全株式を売却したと発表した。売却額などは開示していない。JVCケンウは「ZMPとの事業の方向性が異なってしまったため」(広報担当)と説明している。JVCケンウは2013年12月にZMPの株式を取得していた。

あわせて、ZMPとの共同出資会社「カートモ」(東京・文京)についても、JVCケンウが保有する全株式をZMPに売却したと発表した。

今回の株式売却による20年3月期通期の業績への影響は「軽微」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]